• 【営業時間】9:00~21:00
  • 【定休日】月曜日、土日不定休(セミナー参加の為)

03-3724-5745

ご予約

日々の記録

肘の痛みやテニス肘に表れる潜在意識と感情と心のストレス

こんにちは。tetote整体院の後藤良太です。

今回は肘の痛みに表れる潜在意識と感情と心のストレスについてご紹介します。

現代人に多い肘の痛みとは

肘の痛み?、私とは関係ない。という方も多いと思いますが、
実はパソコンやスマートフォンの普及により、肘の痛みが起こる人はかなり増えています。

肘の痛みで多いのが、「テニス肘」と呼ばれる肘の外側の痛みです。

この「テニス肘」、テニスと名前が付くのに「実際にスポーツに関連するものは5%に満たない」という研究があります。

日常的に頻繁に使う動作が関係しているんですね。「テニス肘」は肘の外側の筋肉が直接の痛みの原因なんですが、この筋肉はパソコンのキーボードを打ったり、マウスを動かしたりするときに使用する筋肉なんです。

ですので、手首を反った状態などのようにある特定の手首の格好で、その筋肉を使いすぎると痛みが生じると言われています。

医学の中では、「テニス肘」の場合の治療の選択肢としては、
安静、
痛み止めの注射
消炎鎮痛剤、湿布、
ストレッチ、筋力増強、
サポーターで固定
   ・
   ・
   ・
それでもダメな場合は手術となります。
確実な治療法がないのが現状のようです。

一方で代替医療、整体などでの考え方では、肘に本当の原因はなくて「首の骨など背骨や骨盤に本当の原因がある」と考えます。

肘の周りの筋肉には、首から出る神経が強く関係しているので、

首の骨の調整や骨盤の調整、
首周囲の筋肉をほぐすことで
肘への神経の通りが良くなり、
肘の症状が改善する。

ということはよくあります。

肘の痛みには背骨や骨盤が関係しているということで、実際に肘が痛い方には、

・肩が凝る
・首が凝る
・頭痛がある
・腰が痛い
・目が疲れやすい

など、背骨や骨盤の歪みから引き起こされる症状をお持ちの方がたくさんいます。

それでは、

肘の痛みに表れる潜在意識や感情とは

肘が痛い時に表れる潜在意識は
ズバリ、「柔軟性のなさ」
です。

肘に限らず、他の関節にも言えるんですが、
関節は「柔軟性や方向転換」を意味することが多いです。

肘の痛みは「変化や方向性の転換への抵抗」を示します。

肘に痛みがある時、身体は
「もっとのびのびと自由にしてみたら?」
「人生の流れに身をまかせた方がいいかもよ」
と教えてくれているかもしれません。

肘の外側ですが、東洋医学では、大腸と関係しています。

ですので、肘の外側が痛い人には便秘や下痢などになりやすい人が多くおられます。

大腸は心理的には「コントロール」を表します。

ですので、

感情を抑えようとしたり、
何かを思い通りにしようとする
という意識が強すぎると不調を起こすことがあります。

肘の外側の痛みに対して、大腸の硬さなどを調整すると、肘の痛みが良くなるのもその為です。

肘の痛みに表れる潜在意識や感情と心のストレスのまとめ

・肘に痛みがある時、「柔軟性のなさ」、特に「変化や方向性の転換への抵抗」を表すことが多い

・肘と大腸の関連性は強く、大腸の意識「コントロール」のアンバランスが肘に表れることが多い

最後までお読み頂きありがとうございます。

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-3724-5745

ご予約

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-32-9
ローズコート自由が丘1A(1階)
google mapで見る

その他のお客様の声 

  • アメーバブログ カラダのここが痛い理由
  • 理学療法士協会
  • ボディートーク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。