15日間のセミナー開催中

こんにちは、tetote整体院の後藤です。

年始から2月中旬まで15日間に渡り、直感的解剖学のセミナーを開催中です。

一般的に解剖学というと身体の構造を学ぶことになりますが、今回のセミナーでは解剖学や生理学だけを伝えているわけではありません。セミナーでは、内臓や内分泌系、神経、骨など、それぞれの部位ごとに表れる思考のパターンや感情をお伝えしています。

また、直接、触れたり、見て学ぶこともしません。直感を使った時に、どのように身体が視えたり、触れられるのかを体験を通して学んでいます。

こういった学びと訓練を通して、直感的に相手の身体が何を訴えているのか分かるようになったり、自分自身との身体とも対話できるようになります。

例えば、呼吸器系の日。呼吸器である肺や気管支には、悲しみや後悔、失望感などの感情が溜まりやすいのです。それぞれの臓器には特有の周波数があるので、それに近い感情や思考が臓器に蓄積し、表れます。肺には、自己憐憫が現れるので、「かわいそうな私」を手放せないと、それは、咳や、呼吸の浅さ、疲れやすさなどとして表面化します。

アウトプットをすることで、僕自身にとっても知識の整理や理解を深めることにつながったり、受講生の成長から気付かされることがたくさんあります。

残り半分のところまで来ましたので、もう後少し楽しみます。