• 【営業時間】9:00~21:00
  • 【定休日】月曜日、土日不定休(セミナー参加の為)

03-3724-5745

ご予約

日々の記録

「PLAY WORK」遊びながら働く

こんにちは、tetote整体院の後藤です。

今回、ご紹介するのは
「PLAY WORK 遊びながら働く方法」ピュートル・フェリクス・グジバチ著。

元グーグルの人材開発部門に携わっていた方で、2020年代の成功者となる「ニューエリート」などの概念を提唱している方です。

「PLAY WORK」とは「仕事と遊びの境界線があいまいで、仕事をしているのか遊んでいるのか分からない状態」を意味しています。
遊びであれば、誰でも好きなことをしますし、主体的になるので楽しさを感じるようになります。

経営学者の楠木建氏が書籍でよくいっていますが、すべては結局、好き嫌いからはじまる。

良し悪し(報酬や昇進など)で動き出すと 誘因(インセンティブ)が働きます。 これは、外にある何かが自分を動かすため、「努力の強制」が発生します。

それに対して、 好き嫌いで動き出すと 動因(ドライヴ)が働きます。 これは、自分の中の好き嫌いで動くため、当人が努力と思わない。 つまり、「努力の娯楽化」になります。 結果、努力が続きどんどん上手になり好循環になる。

つまり、好きこそものの上手なれ。

個人で取り組めるPLAY WORKのコツや手法がたくさん紹介されていて、仕事を楽しみ、自己実現するヒントになると思います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は PLAY-WORK-768x1024.jpg です

<気になる内容をピックアップ>

・仕事と遊びが混在しているからこそ、自由な発想や創造性を発揮することができて、仕事で価値を生み出すことができる

・まず自分とは何者か、何を実現したいのか自分に問う必要がある。

・自己認識がなかなか進まない理由として、「組織から期待される役割=自分のやりたいこと」と勘違いしている人が多い。

・固定観念は、正しい自己認識を妨害する最大の要因です。

・仕事が面白いからやる。そうすれば仕事に集中できるし、生産性も高まります。

・それまでのやり方を手放すことを「学びほぐし」といいます。
 人の成長には「学び」が大切なのと同じくらい「学びほぐし」が重要です。
 学びほぐしに必要なのは、異なる価値観や考え方の人に会うこと。

僕自身も、仕事と遊びの境が分からなくなることがあったり、施術でも楽しんでいる方がより成果を得られます。
パフォーマンスを上げようと、その前の準備にこだわったり集中しようとすればするほど、固定観念の枠にはまり視野が狭くなったり、100%なのかどうかが気になりだしてしまいます。
楽しんでやっている時は、100%かどうかはどっちでもよいので、その方が執着はなくなり、直感の働きも良いので、パフォーマンスにこだわっているときよりも成果が出ています。

つい仕事に真面目に取り組んでしまう人、仕事を楽しめていない人におすすめの一冊です。

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-3724-5745

ご予約

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-32-9
ローズコート自由が丘1A(1階)
google mapで見る

その他のお客様の声 

  • アメーバブログ カラダのここが痛い理由
  • 理学療法士協会
  • ボディートーク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。