• 【営業時間】9:00~21:00
  • 【定休日】月曜日、土日不定休(セミナー参加の為)

03-6432-2801

ご予約

体の不調が教えてくれること

股関節の痛みに表れる感情と潜在意識、スピリチュアルなメッセージ「前進することに躊躇していませんか?」

こんにちは、tetote整体院の後藤です。

股関節に痛みがあると、歩くのが大変だったり、長時間立っているのが辛かったり、痛くて正座ができなかったり、椅子から立ち上がるのが辛かったり、日常生活に支障をきたすので大変だと思います。

股関節をケガしたわけでもないのに痛みが出てきたり、股関節が痛み出してから日にちがだいぶ経っているのにまだ痛みが残っている。。。

整形外科に行くと時間が経てば治ると言われ、接骨院、整体に行ってもなかなか良くならない場合、原因が身体以外にあることがよくあります。

よく病気や不調は心のストレスが原因と言われますが、実は股関節の痛みにもこれは当てははまるのです。

実際に多くの患者さんをみていると、心のストレスが股関節の痛みに表れている方は多くいます。

この記事では、
1.股関節の痛みの原因
2.股関節の痛みに表れる潜在意識と感情
をご紹介します。

股関節が痛む理由

股関節は実によくできた関節でして、骨盤のカップの部分に大腿骨の丸い頭の部分がはまり込んで構成されます。

この構造によって、安定性とともに可動の自由さという、相反する機能を併せ持つ稀有な関節です。

股関節周りの筋肉の衰えや股関節のはまり具合が浅くなることで、股関節が不安定になり、やがて痛みとなって表れることがあります。

股関節の痛みに表れる潜在意識とは

股関節は歩行時に脚を前に進める時に最も重要な関節であることから、心理的にも「前進すること」を表します。

前進することに対して抵抗している時に股関節の痛みとして体が表現してくることがあります。

股関節の痛みに表れる感情とは

股関節の痛みに表れる感情は「恐れ」の感情です。

股関節の安定性と、歩く時に前進する為に重要な筋肉として「腸腰筋」があります。

腸腰筋はこのような筋肉です。

この筋肉が弱くなると、股関節の安定性が維持できなくなり、股関節の痛みが起こりやすくなります。

この腸腰筋ですが、東洋医学の考えでは、恐れの感情と深い関係があるといわれます。

ですので、股関節に痛みがある時は、「恐れによって前進ができない」という心の状態を表しているのです。

躊躇している状態から前進する時の最初の一歩とは

前進する時、変化する時に伴うのが、「リスク」です。

会社を辞めたいがリスクがあるから辞められない
今までと違うこと、自分らしいことをやりたいがリスクが高いのでできない

など、「リスク」という言葉そのものに怯えて、身動きが取れなくなってしまう人もいます。

ここで大切なのが、「リスク」と「デンジャー」は違うということ。

「リスク」は「危機」であり、「デンジャー」は「危険」である。

危機という言葉には、機会(チャンス)の「機」が入っていることに気づきます。

リスクは不安定ではあるが、それ自体が危険ということはない。それが危険になるかどうかはリスクの乗りこなし方で変わってきます。

危険からは逃げるしかないが、リスクというのは、マネジメント可能で、勇気を出して踏み込めば、チャンスに変わることもあります。

リスクをマネジメントする時に大切なのが、解像度を上げることです。

リスクの解像度を上げるとはどういうことか。

多くの場合、なんとなく恐れていることが多く、恐れが具体的でないことが多くあります。

なんとなく恐れている段階で止まってしまっていて、恐れに向き合えていないことが多いのですが、その時にまずやってみることは、最悪を想定してみること。

進んでみて、最悪どうなってしまうのか。
実際にイメージして考えてみると分かるのですが、ほとんどのことはどうにかなることに気づくと思います。

解像度を上げることで、リスクに対する恐れを減らし、前進しやすくなります。

前進を決めたり、躊躇している奥にある恐れに向き合うことで股関節の痛みも自然と消えていくかもしれません。

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6432-2801

ご予約

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-32-9
ローズコート自由が丘1A(1階)
google mapで見る

その他のお客様の声 

  • アメーバブログ カラダのここが痛い理由
  • 理学療法士協会
  • ボディートーク