• 【営業時間】9:00~21:00
  • 【定休日】日曜日、月曜日

03-6432-2801

ご予約

日々の記録

豊かさを制限する思考

こんにちは、tetote整体院の後藤です。

先日まで豊かさに関する講座をオンライン受講していました。

何回も参加している講座だったので、知っていることを腑に落とす為に参加していました。毎回、その通りだなと思うのが、「貧乏は病気である」という言葉。

「お金が足りない」と感じる場合、行動として、お金を貯めようとしても、お金を稼ごうとしても、お金が貯まらなかったり、お金を稼いでも出ていってしまったりして、結局、お金がない状態が継続してしまうことが多いと思います。

行動の問題ではなく、原因は思考パターンにあるからです。

そして、豊かさに関する問題は、腰痛として表れることもあります。

背骨は身体を支えていることから「サポート」を表します。背骨の下の方は、第1チャクラと関係していることから物質的なことを表します。

腰の骨は、物質的なサポートに関する問題、お金の問題が表れやすいのです。

豊かさを制限しているよくある思考パターンとして、「清貧の誓い」があります。貧しいことが美徳である。という思考パターンです。

豊かさが欲しいと思っていても、貧しいことでのメリット、お金を持つことでのデメリットがあるので、なかなか豊かにはなれません。

例えば、

貧しいことで謙虚でいられる
貧しいことで純粋でいられる
貧しい人は精神性が高い

などのメリットや、

逆に、お金を持つことに対しての偏った潜在意識がある方も多くいます。

例えば、

お金を持つと傲慢になる
お金は人を悪い方向に向かわせる
お金を持つと奪われる

など、貧しいことでのメリット、お金を持つことでのデメリットが思考パターンにあると、本来、自然に入ってくる豊かさが入りにくくなります。

思考パターンを手放すことで、特に頑張らなくても自然と豊かになりますし、思考パターンを手放した後に行動した方が圧倒的に目に見える変化が早く訪れます。

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6432-2801

ご予約

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-32-9
ローズコート自由が丘1A(1階)
google mapで見る

その他のお客様の声 

  • アメーバブログ カラダのここが痛い理由
  • 理学療法士協会
  • ボディートーク