• 【営業時間】9:00~21:00
  • 【定休日】日曜日、月曜日

03-6432-2801

ご予約

体の不調が教えてくれること

肩の痛みに表れる感情と潜在意識、スピリチュアルなメッセージ「自分のことを本当に好きですか?」

こんにちは、tetote整体院の後藤です。

今回は肩の痛みに表れる感情と潜在意識、スピリチュアルなメッセージについてご紹介します。

肩に痛みがあると、着替えるのが大変だったり、家事をする時に力が入れづらくなったり、痛みがひどい場合には夜眠れなくなったり、日常生活に支障をきたすので大変だと思います。

よく病気の原因は心のストレスと言われますが、肩に関しても同様のことが言えます。

この記事では、
1. 肩の痛みの原因とは
2.肩の痛みに表れる感情
2. 肩の痛みに表れる潜在意識からメッセージ
をご紹介します。

肩の痛みの原因とは

ケガをしたわけでもないのに、ある日、急に肩関節が痛くなるような場合、原因として多いのが「肩甲下筋」です。肩甲下筋はこのような場所にあります。

肩甲下筋は、肩甲骨の裏側にあり、直接触れることはできませんが、肩を動かす時、関節の安定性に重要な役割を果たしています。

肩甲下筋の働きが弱くなると、肩関節が不安定な状態になり、不安定な状態で肩関節を動かすことで、それはやがて肩の痛みとなって表れます。

肩の痛みに表れる感情

肩の痛みに関係のある肩甲下筋ですが、この筋肉にはどのような感情が関わっているのでしょうか?

この肩甲下筋は東洋医学の考えである経絡(気・エネルギーの流れの通り道)の理論では心経と関係があると言われています。

心経は、心臓と関係があり、心臓は憂鬱な感情とも関係しています。

ですので、肩甲下筋には、やる気が出ない、億劫で動きたくない、人と会いたくない、めんどくさいなど、憂鬱な感情が影響するのです。

肩の痛みに表れる潜在意識とは

肩の痛みと関係のある肩甲下筋には心臓との関わりがあります。

心臓は、心理的にはどんなことを表すのでしょうか?

心臓は、身体の中心にあり、自分とは何か?を表しますし、愛情も表します。つまり、心臓は自分に対しての愛情を表します。

自分に対しての愛情が低下していると、心経が弱くなり、更に肩甲下筋の働きも低下し、肩の痛みとなって身体に表れます。

自分への愛情とは、どんなことをいうのでしょうか?

自分のことが嫌い。という人は分かりやすいと思います。

自分のことを好きですか?

と聞くと、好きでも嫌いでもなくどちらとも言えない、どちらかというと嫌いなど、少し中途半端な答えが返ってくることがあります。

なぜ、好きだと言いきれないのか。

それは、自分に条件をつけて好きか、嫌いかを判断しているからです。

頑張っている自分は好き、だけど、怠けて頑張っていない自分は嫌い

人よりできる・優れている自分は好きだけど、人よりできない・劣っている自分は嫌い〇〇

条件を満たしている自分は好きで、そうでない自分は嫌いとしている限り、自分が本当に好きとは言い切れないですし、嫌いだと思う自分がたくさん出てくる状況や環境になると、そのストレスが心臓に影響し、肩の痛みとなって表れるようになります。

肩の痛みに表れる感情と潜在意識からのメッセージのまとめ

・肩の痛みには肩甲下筋が関係している

・肩甲下筋には憂鬱な感情が関わっている

・肩の痛みには自己価値が関わっている

からだに現れる「痛み」や「不調」は、あなたの心に隠された“本音”が現れています。

隠されているからこそ、ご自身で気づくのはなかなか難しいのではないでしょうか。

お困りの時は、当院で施術を受けることも可能ですので、お気軽にご連絡ください。

お越しになって不調が改善した多くの方が、施術を受ける前に比べ、不調の根本の原因に気づくことができるようになったと言われています。

身体と心の不調に向き合い、心の本音に気づけば、あらゆることが好転していきます。

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6432-2801

ご予約

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-32-9
ローズコート自由が丘1A(1階)
google mapで見る

その他のお客様の声 

  • アメーバブログ カラダのここが痛い理由
  • 理学療法士協会
  • ボディートーク