• 【営業時間】9:00~21:00
  • 【定休日】月曜日、土日不定休(セミナー参加の為)

03-6432-2801

ご予約

日々の記録

股関節の違和感と腰痛、顎関節の痛み、後頭部の頭重感と頭痛でお悩みの方の施術例

こんにちは、tetote整体院の後藤です。

今回も施術例をご紹介します。

<悩み>
1週間前から右股関節の違和感と腰痛、誰かと話していると、急に右顎に違和感と痛み、後頭部が重く痛みがある、目をつむると身体が右を向いて捻れている感覚がある。

<施術内容>

①脳脊髄液の流れの調整
 右踵の衛気の傷の修復(他者の思考の影響による影響)
 右卵巣のエネルギーのブロック(受容の意識)(右腸骨、第2チャクラに影響)

②右股関節前部の衛気の傷の修復、
 蝶形骨ー尾骨の調整、
 顎関節ー仙腸関節の調整
 大脳鎌の筋膜リリース
 大脳鎌にあるエネルギーのブロックの除去(他者の思考の影響)

③小脳テントの右側の筋膜リリース

➀衛気とは、身体を覆うエネルギーのバリアみたいなもので、衛気があることで、人の感情や気候や気圧の変化、電磁波など目に見えないものから自分を守っています。今回は踵部の衛気に傷があることで、最近一緒に神社巡りをした人の思考の影響が右踵に影響していました。体は筋膜という組織により全身が繋がっているので、右踵の硬さは、右の股関節や後頭部の方まで影響を与えていました。

右卵巣にあるエネルギーの滞りが右腸骨や性チャクラとも呼ばれる下腹部のチャクラに影響を与えていました。卵巣は、人生をどう受容しているかを表すのですが、受容することに潜在意識のレベルで抵抗があることが右卵巣に影響していました。

➁右股関節の衛気にも傷があることで、肉体レベルの腸腰筋など股関節前部の組織に緊張を与えていました。蝶形骨はこめかみ部分の骨ですが、蝶形骨から尾骨まで背骨の中で繋がっています。イメージは、水道のホースのようなイメージでしょうか。ホースが捻じれて緊張しているのが自律神経や背骨の歪みに影響していました。

右卵巣の影響により右腸骨が歪み、腸骨と顎関節は連動しているので、骨盤の歪みが顎関節に影響を与えていることが分かりました。

大脳鎌は、右脳と左脳を分ける壁のことですが、ここに他者の思考の影響により緊張していたので筋膜リリースにより緩めています。

➂小脳テントは後頭部の小脳と大脳を分けている組織のことをいいます。小脳テントの緊張は首や頭の骨の歪みに影響を与えます。今回は、右側を調整していますが、右側は未来のことを表し、左側は過去のことを表します。今回は、未来のことの思考により小脳テントが緊張し、後頭部の重さや痛みに関係していました。

からだに現れる「痛み」や「不調」は、あなたの心に隠された“本音”が現れています。ご自身ではなかなか気づきにくいこともあるかと思います。その場合、てとて整体院で後藤による施術を受けることも可能です。お気軽にご連絡ください。

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6432-2801

ご予約

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-32-9
ローズコート自由が丘1A(1階)
google mapで見る

その他のお客様の声 

  • アメーバブログ カラダのここが痛い理由
  • 理学療法士協会
  • ボディートーク