• 【営業時間】9:00~21:00
  • 【定休日】月曜日、土日不定休(セミナー参加の為)

03-6432-2801

ご予約

体の不調が教えてくれること

膝の痛みに表れる感情と潜在意識のメッセージ「本当にやりたいことをできていますか?」

こんにちは、tetote整体院の後藤です。

膝に痛みがあると、歩くのが大変だったり、イスから立ち上がる時や階段を昇る時に痛みが強くなったり、正座や胡坐をかけなかったり、日常生活に支障をきたすので大変だと思います。

Knee painful – skeleton x-ray, 3D Illustration medical concept.

日常生活に多大な影響を与える膝痛ですが、どのような潜在意識や感情が表れるのでしょうか?

膝の痛みに表れる潜在意識や感情とは

膝に表れる潜在意識は、「生き延びようとする意志」です。
また、東洋医学では膝には恐れの感情が影響するといわれます。

何かをしようとする時に、その行動の動機が恐れからきているのか、何かを避けようという気持ちからきているのか、ということが膝には表れます。

例えば、病気にならないように健康になろうとする、お金の不安を減らそうとして貯金をする、人と深く関わることに恐れがあるので距離をとって関わるなど、行動の動機が恐れの場合、その恐れが膝に影響し、痛みとして表れます。

以前、施術をした方で、膝の痛みでお困りの方がいました。階段を上る時やしゃがむときに特に膝が痛いとのことでした。
施術していくと分かったのが、親の期待に応えられないことへの恐れや、恐れを感じやすくしている要因として、制限の中にいる方が安全である。という信念でした。

膝に痛みがある時、今、やろうとしていることの動機が恐れからきているかもしれません。膝に痛みがある時は、自分が本当にやりたいからやっているのかということを教えてくれます。

からだに現れる「痛み」や「不調」は、あなたの心に隠された“本音”が現れています。

隠されているからこそ、ご自身で気づくのはなかなか難しいことだと思います。

お困りの時は、当院で施術を受けることも可能ですので、お気軽にご連絡ください。

お越しになって不調が改善した多くの方が、施術を受ける前に比べ、不調の根本の原因に気づくことができるようになったと言われています。

身体と心の不調に向き合い、心の本音に気づけば、あらゆることが好転していきます。


お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6432-2801

ご予約

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-32-9
ローズコート自由が丘1A(1階)
google mapで見る

その他のお客様の声 

  • アメーバブログ カラダのここが痛い理由
  • 理学療法士協会
  • ボディートーク