• 【営業時間】10:00~20:00
  • 【定休日】日曜日、月曜日

03-6432-2801

ご予約

お客様の声

膝の痛みとパートナーシップでお悩みだった方の声

N.H様 50代 女性 会社役員 品川区在住

去年ぐらいから、異常に右の膝が痛くて、いろんな整体とか鍼にいってもなかなか治らない状態でした。

病院で膝の治療で有名な先生に診ていただいて、MRIやレントゲンも撮って検査したんですけど、その西洋医療の先生は、原因がわからないと。
「多分、心の問題じゃないでしょうか。」という答えと湿布くらいしか頂けず、やっぱりそれも気休めに過ぎなくて、結局、痛みの根本がわからなくて、心がモヤモヤしていました。
それでネットで「原因不明の痛み、治療」みたいなに検索して出てきたのがこちらだったんです。
藁にもすがる思いだったので、不安よりも治して欲しいなっていう気持ちの方が大きかったですね。
こういうところに来たことがなかったので、どういう治療するかわからなかったんですけど、ホームページに分かりやすく記載してあったのと、先生が誠実そうな方だったので、不安はなかったです。

実際に来られてどうでしたか?

実際に来てみても、本当に想像通りというか、誠実な治療と先生の人柄で安心して受診できました。

どのようなことでお困りでしたか?

長年、仕事をしてきたのと、子供が2人いたので、妻の仕事と育児などの家事と、本当に自分のことを犠牲にして働いてきました。疲れの溜まっていることにさえ、自分で気づいていなかったんですね。
それらが痛みとして表れたのかと思ったんです。これまでも何度か体調を崩してきて、その時にやり過ごしながらきたので、とうとう、すごい大きな波が来たなぁっていう感じでした。
自分が何の心のストレスを抱えているかっていうのも、正直明確ではなかったんです。
でも、先生に聞いて頂いて、だんだん自分も痛みの根本みたいなもの分かったっていう感じですかね。

膝の痛みはどのような状態でしたか?

痛くて普通に歩けないし、走れないし、階段も本当にゆっくり降りないといけない状態でした。
歩く時には杖が必要なくらい痛かったので、何も持たないと、びっこを引いて歩くような状況でした。

メンタル的にはどのようなことに辛さを感じていましたか?

主人と一緒に仕事をしてきて、家も一緒だし、24時間ずっと一緒で、一緒にいることに負担を感じていました。
割と負荷や圧力をかけるようなタイプの人なので、私に仕事もプライベートも常に負荷がかかっていました。
それにずっと耐え続けて、自分ではあまり気づかなくて、それが当たり前だと思ってたけど、やっぱり心に蓄積したものが、夫婦関係にあったのかなあっていうことに、だんだん気付きました。

施術を継続して受けて、今の状況としてはどのような状況ですか?

膝の痛みの苦痛がなくなりました。
別々の住居で物理的なストレスを減らしたり、仕事を分けてあまり一緒に過ごさないようにしたことや、ここの治療院でいろんな悩みを聞いて頂き、施術して頂き、自分のどこに負荷がかかっているかっていうことも分かってきた事ですごく救われたというか、明らかに体調が良くなるのが自分でもどんどん分かっていった感じがあります。

パートナーシップの面など気持ちの変化はどうですか?

最初はこんがらがりまくって、こじれすぎてしまってて。
だけど、こちらで治療を受けたりとか、自分自身のことを振り返って、ねぎらようになったら、私の受け止め方が変わったからなのか、すごくいいように転じてきたんですよね。

すごく優しさも感謝とかも感じるようになりました。

主人もすごく自分のいけないところに気付いてくれたんだと思うんですけど、私が苦しんでるのを見てすごく考えてくれて、すごく変わろうと努力してくれたっていう変化がすごくありましたし、その変化を受け止められるようになりました。

他の整体やカウンセリング、西洋医学などと比べてどんなところが違いますか?

自分の体の悲鳴というか、痛みを聞いてあげるっていうのは、なかなか西洋医学でも欠けている部分なのかなって思います。
検査の数字みたいなものは立証されているものしか、エビデンスのあるものしか信じないですが、数字に出てこない部分、不調から自分の体の聞いてあげるっていう発想が生まれて初めてだったので、それは西洋医学よりも大事な部分なんじゃないかなってすごく実感しました。

その他何かありますか?

ほんとに西洋医学とかでなかなか治らない、心の重荷を感じている方や、何かモヤモヤが取れないとか、そういう方たちにとても良いので一度受診されることをお勧めします。

後藤からの所感

ご感想を頂き、ありがとうございます。
膝の痛みには、パートナーシップの課題がよく表れます。
膝には、経絡(エネルギーの流れ)の中では、腎経が関係し、腎臓の状態が膝に表れます。
腎臓に溜まりやすい感情の一つに、「あきらめ」があります。

夫婦生活の初期に、イライラしたり、悲しんだり、ガッカリしていても、年数が経つにつれて、「あきらめ」の感情に変わっていきます。

この人はどうせ分かってくれないだろう
言ってもムダ
人はやっぱり変わらない

そんな気持ちが膝に表れるのです。
長年、溜めてきた想いが膝の痛みとして身体に表れます。
身体を整えるとともに、蓄積した感情を癒して、思い込みを手放すことで、心身は健康に向かいます。

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6432-2801

ご予約

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-32-9
ローズコート自由が丘1A(1階)
google mapで見る

その他のお客様の声 

  • アメーバブログ カラダのここが痛い理由
  • 理学療法士協会
  • ボディートーク