• 【営業時間】9:00~21:00
  • 【定休日】月曜日、土日不定休(セミナー参加の為)

03-6432-2801

ご予約

体の不調が教えてくれること

腰痛に表れる感情と潜在意識、スピリチュアルなメッセージ「失敗を恐れていませんか?」

こんにちは。tetote整体院の後藤です。

今回は、腰痛に表れる感情と潜在意識、スピリチュアルなメッセージについてご紹介します。

腰が痛くてベッドからスムーズに起き上がれなかったり、イスやトイレの便座から立ち上がる時に腰が痛かったり、長時間座っていると腰が重だるくなったり痛みが辛かったり、腰痛により日常生活のさまざまな場面に支障をきたすので大変だと思います。

日常生活に多大な影響を与える腰痛ですが、どのようなことが原因となるのでしょうか?

腰痛の原因とは

腰痛があると日常生活の様々な面に支障が出ますが、腰痛のうち、画像所見では原因が明らかにならないケースが85%と言われているのはご存知でしょうか?

医師による問診・診察の所見やレントゲン、MRI、CTなどの画像検査で原因が特定できる腰痛は15%ほどで、問診や画像検査の結果と一致しない、つまり科学的に説明できず、原因が特定できない腰痛は85%あることが研究で分かっています。

また、さまざまな研究により腰痛には心理的な要因、社会的な要因など、ストレスが関わっていることも分かっています。

腰痛に表れる心の状態

腰痛にはどのような心のストレスが関わっているのでしょうか?

腰痛に関わるストレスとして多いのが、「失敗することに関する恐れ」です。

理由は、東洋医学では「恐れ」と「腎臓」の繋がりは強く、さらに「腎臓」と「腰回りの筋肉」が強く関係しているからです。

東洋医学の五行の考えでは、腎臓は恐れと関係が深く、恐れは腎を傷つけると言われます。

この腎臓に関係している筋肉が腸腰筋です。

腸腰筋はこのように骨盤や腰の骨と繋がっている筋肉で、腸腰筋が硬くなったり、左右の筋肉の緊張がアンバランスだと腰痛が起こります。

以前、1か月ほど腰痛が続いていて、デスクワークの為、長時間座る仕事が辛いということでお越しになられた男性がいました。施術をしていくと分かったのが、腎臓に残っている「失敗することに関する恐れ」が腰痛に関わっていること。
1か月前に部署の移動があり、以前の仕事よりもプレッシャーがきつくなり、失敗しないように準備をしっかりして仕事をするようになったとのことでした。ただ、体は正直なので、この時感じていた恐れが腰痛として体に表れていたのでした。

腰痛に表れる感情や潜在意識のまとめ

・腰痛の85%は検査をしても原因がはっきりと分からない。
・腰痛には心のストレスが関わっている。
・特に失敗することに関する恐れが腰痛には表れやすい

長年の腰痛でお悩みだった方のお声(男性 70代)
「心の力がこれだけ体に影響するのかということを実感できました。」

長く続く腰痛と便秘でお悩みだった方のお声(女性 30代)
「腰の痛みはとれ、いつのまにか不安もなくなっていました。」

腰痛や坐骨神経痛、首・肩の痛みでお悩みだった方の声(40代、女性)
「来るようになってから痛みがない状態が続くようになったり、良い状態が保てるようになりました。」

長く続く腰痛、原因がはっきりしない腰痛を解決したい方はこちらをお読みください。

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-6432-2801

ご予約

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-32-9
ローズコート自由が丘1A(1階)
google mapで見る

その他のお客様の声 

  • アメーバブログ カラダのここが痛い理由
  • 理学療法士協会
  • ボディートーク